KLA、約2,000億円規模のサステナビリティ・リボルビング・クレジットファシリティを締結

KLA、約2,000億円規模の施設の負債コストと排出量、再生可能エネルギーの進捗を関連付け

6月8日、KLA Corporationは再生可能エネルギーの利用拡大とCO2排出量削減の目標達成に連動した15億ドル(約2,000億円)のサステナビリティ・リボルビング・クレジット・ファシリティ締結を発表した。

サステナビリティ・リンク・ローンは、サステナブルファイナンス商品の新たな形態であり、発行体のサステナビリティに関する特定の目標達成度に連動した利払いなどの特性を有している。KLAは、5年間の融資期間中、事業活動における再生可能エネルギーの利用拡大や、スコープ1および2のCO2排出量削減の実績に応じて、金利の調整を受けることができる。

KLAは昨年、2030年までに全世界で再生可能エネルギーによる電力を100%使用する目標を発表しており、これにより2030年までにScope1および2の合計排出量を2019年を基準として46%削減する目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)KLA Announces $1.5 Billion Sustainability-Linked Revolving Credit Facility
(日本語訳)KLA社、15億ドルのサステナビリティ連動型リボルビング・クレジット・ファシリティを発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る