COP28議長、国連気候サミットのアジェンダを発表

7月13日、ベルギーのブリュッセルで開催されたEU、中国、カナダ共催の気候行動に関する閣僚会合で、次期アラブ首長国連邦(UAE)COP28議長であるスルタン・アル・ジャベールがCOP28に向けたビジョンを示すスピーチを行った。

COP28まで5ヶ月を切り、本ビジョンはCOP28の成果として、「移行の迅速化・気候変動資金の固定化・人々、生命、生活への焦点化・完全な包摂性による全ての下支え」の4つの主要分野を掲げている。

また、スルタン・アル・ジャベールは、COP28における第1回グローバル・ストックテイクの成果に関する重要な要素について政治協議を行うため、南アフリカのバーバラ・クリーシー環境・林業・漁業大臣とデンマークのダン・ヨルゲンセン開発協力・世界気候政策大臣の支援を要請した。グローバル・ストックテイクは、パリ協定の進捗状況のレビューである。COP28では、GSTに対応する各国政府は、世界の気候変動対策を軌道修正するための変革的な計画を打ち出す機会を得る。

【参照ページ】
(原文)COP28 President Al-Jaber sets out plans for climate talks – E3G responds
(日本語参考訳)COP28議長、国連気候サミットのアジェンダを発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る