NGOのRanking Digital Right、Tiktokを人権の観点で調査

NGOがTiktokを人権の観点で調査

インターネット分野の人権NGOのRanking Digital Rights(RDR)は7月14日、中国のByteDance(字節跳動)が運営する「TikTok」を対象とした人権に関する調査結果を発表した。

評価はRDRが定めた39個の指標を用いて行われ、米国の主要な競合他社(InstagramやYouTubeなど)との比較、さらに中国版TikTok「Douyin」との比較がなされた。

RDRの調査によると、他の大規模な多国籍企業とは対照的に、ByteDanceは表現の自由やプライバシーに関するガバナンスポリシーなどの公開ドキュメントをほとんど提供していないとされている。一方、プライバシーや個人情報保護、広告のターゲティングルールとアルゴリズムについてはInstagramやYouTubeなどと比較しても問題がなく、開示している情報が多かった。

【参照ページ】Testing TikTok against its peers in the U.S. and China: New research from RDR

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る