ENGIE、EV充電スタンドブランド「ENGIE Vianeo」立ち上げを発表

6月15日、仏電力・ガス大手ENGIEは、新たなEV充電スタンドブランド「ENGIE Vianeo」の発足を発表した。2025年までにフランス国内で自動車および大型貨物車用に1.2万カ所のEV充電スタンドを整備することを目標としている。

ENGIE Vianeoは、フランス国内のEVドライバーに対し、充電インフラの設置から電力供給、メンテナンス、整備に至るまで、モビリティ・ソリューション一式を提供する。

6月以降、ENGIE Vianeoは、フランス全土ですでに稼動している最初の1,000カ所の充電スタンドに展開される予定である。APRR、SANEF、Vinci Autoroutes、ESSO(Certas Energy France)の高速道路ネットワークにある800以上の充電スタンド、フランスの20都市にあるインディゴ駐車場35カ所、ストラスブール都市圏、エピナル都市圏、エクス・マルセイユ・プロヴァンス都市圏の道路脇充電スタンド、数百のB&BホテルやNorautoサイトの駐車場で利用できる。

専用ウェブサイトと新たなモバイルアプリでは、フランス全土のENGIE Vianeoステーションと充電スタンドをリアルタイムで確認できるマップを提供する。また、車種やバッテリー残量に合わせたなルート案内も行う。

ユーザーは、モバイルアプリ、非接触型銀行カード、「Ma Carte de Recharge」などの充電カードの3つから支払い方法を選択できる。

ENGIE Vianeoは、高速道路のサービスステーションでは1kWhあたり0.57ユーロ(約90円)、CERTAS Energy Franceと提携するESSOサービスステーションでは1kWhあたり0.69ユーロ(約109円)で300kWの充電を提供している。供給される電力は100%グリーンで、水力・風力・太陽光といった再生可能エネルギーから生産されている。

【参照ページ】
(原文)Electric mobility: ENGIE Group launches the ENGIE Vianeo brand
(日本語訳)ENGIE、EV充電スタンドブランド「ENGIE Vianeo」立ち上げを発表

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る