連邦最高裁、「サケット vs EPA事件」を巡りEPA敗訴

5月25日、米連邦最高裁判所は、環境保護庁(EPA)の水系監督権を巡る「サケット vs EPA」事件で、EPA側敗訴の判決を下した。同日、米大統領府(ホワイトハウス)は、貴重な水源を危険に晒しうると表明した。

本事案は、掘削会社を経営するマイケル・サケット及びシャンテル・サケット夫妻は家を建てるため、アイダホ州の土地を土で埋め戻し始めたことに端を発する。EPAはサケットに対し、この土地には湿地帯があり、埋め戻しは「合衆国の水(WOTUS)」への汚染物質の排出を禁止する水質浄化法に違反すると通告した。EPAはサケットに対し、1日あたり4万ドル以上の罰金を科すと脅しながら、現場の修復を命じた。

EPAはサケットの湿地帯を「WOTUS」に分類したが、その理由は、サケット湿地帯が小川に注ぐ側溝の近くにあり、その小川が航行可能な州内湖であるプリースト湖に注いでいたからである。不服としたサケット夫妻は2008年に提訴し、その後14年間、連邦裁判所で争われることになった。前回の第9巡回控訴裁は、EPAに有利な略式判決を支持したものの、今回、連邦最高裁判所判事9人は、全会一致でEPA敗訴の判決を下した。

【参照ページ】
(原文)Sackett v. Environmental Protection Agency, 598 U.S. ___ (2023)
(日本語訳)連邦最高裁、「サケット vs EPA事件」を巡りEPA敗訴

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る