COP28、脱石炭同盟に議長国のアラブ首長国連邦が加盟

12月5日、国連気候サミットCOP28において、アラブ首長国連邦(UAE)とマルタ共和国が「Powering Past Coal Alliance(PPCA)」に新たに加盟した。

UAEは最近、新規の石炭発電プロジェクトを中止し、2022年に発電における石炭の使用を停止した。PPCAに加盟することで、UAEは石炭発電を新たに導入する余地がないことを世界に示すとともに、COP議長国として、1.5℃の目標達成に向け、この10年間に緊急に実施する必要がある石炭の段階的廃止に関する行動を推進する意欲を確認した。

マルタは1996年に石炭火力発電を廃止しており、世界的に石炭火力発電の廃止を加速する運動に参加している。UAEとマルタの新たなコミットメントにより、今回のCOP28期間中にPPCAに新たに加わった国は、米国、UAE、チェコ共和国、キプロス、ドミニカ共和国、アイスランド、コソボ、マルタ、ノルウェーの9カ国となった。今回の追加により、PPCAは59カ国となり、世界政府の4分の1以上、OECDとEUの84%を占めることになる。

PPCAへの参加により、各国は、世界の気温上昇を1.5℃に抑えるという目標を達成し続けるため、新たな石炭火力発電所を開発せず、既存の石炭火力発電所を段階的に廃止していくことにコミットしなければならない。

同日、PPCAは、グローバル・ストックテイクのカバー決定に、1.5°Cに沿った新規石炭生産と段階的な廃止を盛り込むよう呼びかけを行った。IPCCとIEAは、1.5℃を達成するためには、新規石炭を今すぐ廃止し、2030年までにOECDとEUで、2040年までにその他の地域で段階的に廃止する必要があると明言している。

【参照ページ】
(原文)COP28 PRESIDENCY HOLDER, UNITED ARAB EMIRATES JOINS A GROWING COALITION OF COUNTRIES COMMITTED TO COAL PHASE-OUT
(日本語参考訳)COP28、脱石炭同盟に議長国のアラブ首長国連邦が加盟

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る