Shell、欧州最大の再生可能エネルギーによる水素プラントの建設を開始

7月6日、Shell plcの子会社であるShell Nederland B.V.とShell Overseas Investments B.V.は、2025年に稼働開始予定の欧州最大の再生可能水素プラントとなるHolland Hydrogen Iの建設について最終投資決定を下したと発表した。

ロッテルダム港のTweede Maasvlakteに建設される200メガワットの電気分解機は、1日あたり最大6万kgの再生可能エネルギーによる水素を生産する予定だ。電気分解機で使用する再生可能エネルギーは、Shellが一部を所有する洋上風力発電所Hollandse Kust(ノールド)から供給される。

製造された再生可能水素は、HyTransPortパイプライン1を通じてロッテルダムのShell Energy and Chemicals Parkに供給され、製油所で使用される水素の一部を代替する予定だ。これにより、製油所でのガソリンやディーゼル、ジェット燃料などのエネルギー製品の生産が部分的に脱炭素化される。大型トラックが市場に投入され、給油ネットワークが拡大する中、再生可能な水素を大型トラックに供給することで、商業用道路輸送の脱炭素化に貢献できる。

Shellは、水素の製造、貯蔵、輸送、最終消費者への供給における機会を開発することにより、世界的な水素経済の構築を支援することを目標としている。

【参照ページ】
(原文)Shell to start building Europe’s largest renewable hydrogen plant
(日本語訳)Shell、欧州最大の再生可能エネルギーによる水素プラントの建設を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る