ビスタ、今年中に全投資先企業に対し、温室効果ガス削減目標の設定を要請

プライベート・エクイティ・テック投資家ビスタ、今年中に全投資先企業に温室効果ガス削減目標の設定を要請。

5月20日、企業向けソフトウェアに特化したプライベート・エクイティ投資家であるビスタ・エクイティー・パートナーズは、930億ドル(約11兆円)のポートフォリオを持つすべての過半数所有企業が、今年中に温室効果ガス(GHG)排出量を測定して削減目標を設定し、毎年排出量を削減・相殺することに合意した新たなイニシアチブ「ビスタ・クライメート・プレッジ」の開始を発表した。

今回の新たな取り組みは、ビスタが昨年開始したすべてのプライベートエクイティ投資先企業に2019年の排出量を測定させるプログラムに続くものである。ビスタは、投資先企業にGHG測定プラットフォームとツールキットへのアクセスを提供し、投資先企業のESG報告およびプロジェクト管理ソフトウェアプラットフォームに排出量計算自動ツールを組み込んでいる。また、ビスタは昨年、ネットゼロ・アセット・マネジャーズ・イニシアチブに参加し、2050年までにポートフォリオ全体でネット・ゼロを達成することを約束している。

新たな気候変動に関する誓約のもと、ビスタの過半数出資会社は、7月までに2020年と2021年の排出量を測定すること、今年末までにGHG削減目標を設定すること、毎年排出量を削減すること、2021年の排出量を相殺することに合意している。

【参照ページ】
(原文)Vista Equity Partners Among the First Major U.S. Private Equity Firms to Advance Global ESG Strategy with Portfolio-Wide Participation in Climate Program
(日本語訳)ビスタ・エクイティ・パートナーズ、米国大手プライベート・エクイティ企業として初めて、ポートフォリオ全体で気候変動対策プログラムに参加し、グローバルESG戦略を推進

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る