WBCSD、Nutrient Density Allianceの発足メンバーに参加

WBCSD、Nutrient Density Allianceの発足メンバーに参加

10月13日、持続可能な発展のための世界ビジネス評議会(WBCSD)が、すべての人々にとって健康で持続可能な食品システムを実現するために不可欠な多様なステークホルダーとの協力の機会を提供するNutrient Density Allianceに正式に参加した。

健康で持続可能な食品システムの変革を実現するための重要なステップは、農業生産の影響に関する情報を食事摂取者に提供することである。これまでの消費者向けメッセージは、主に農業が環境と自然にどのように影響を与えるかに焦点を当てていた。しかし、より持続可能な食品選択を促し、それに伴い再生可能農業に対する農家や製造業者の行動を奨励するには、食品の生産方法、栄養結果、人間の健康の関連性を示す科学的証拠を伝え、強化する必要がある。

WBCSDのメンバー企業は、既に製品ラインおよび研究活動を通じて再生可能農業と栄養密度を結びつける取り組みを始めている。

再生可能農業と栄養密度の関連性をより深化させ、行動を促進するために、WBCSDはNutrient Density Alliance(NDA)に参加した。NDAはSoil & Climate Allianceがホストする新しいプラットフォームで、再生可能農業の実践と作物の栄養密度との関連性を強化し、証拠基盤を強化・促進することを目的としている。NDAは、以前はケロッグカンパニーのKashiの持続可能性活動とダノン・ノースアメリカの再生可能ファイナンスを率いていたティナ・オーウェンズによって指導されている。

研究の増加により、作物中の栄養素と人間の栄養における土壌の健康の重要性が強調されている。国際連合食糧農業機関(FAO)によれば、「健康な土壌は健康な食品生産の基盤である」とのことである。再生可能農業は、土壌を保護し、水の利用、農薬および肥料の使用、および農地の生息地の管理を含む土壌の健康を改善する指標である有機物の増加を通じて土壌を活性化する解決策を提供する。これは、農地および景観のレベルで実際に正の影響をもたらすホリスティックかつ成果重視のアプローチである。再生可能な農業慣行が栄養密度の向上にどのようにつながるかをよりよく理解することで、消費者に力を与え、食品価値チェーンのステークホルダーを結びつけ、公共・民間セクターを結集して再生可能農業を発展させることができる。

ユニリーバは最近、土壌有機物の増加(土壌の改善を示す指標)を増やす慣行で栽培された米の亜鉛含有量の増加と、欠水栽培で育てられたトマトのビタミンC含有量の増加の証拠をレビューする論文を発表した。これは、ユニリーバが農業における持続可能性についての既存のプログラムを基にし、世界中のユニリーバのサプライチェーンで再生可能な慣行を実施するための次のステップを踏み出したものである。

【参照ページ】
(原文)WBCSD joins the Nutrient Density Alliance
(日本語参考訳)WBCSD、栄養密度同盟に加盟

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る