味の素と第一三共、AI搭載献立支援サイトの提供で協働

10月10日、味の素と第一三共は、Healthcare as a Service(HaaS)の実現を目指した協業を合意したことを発表した。味の素が開発した、摂食に関する困りごとに対応したAI搭載献立支援サイト「ReTabell(リタベル)」の普及を共同で進める。

HaaSとは、多様なデータや先進技術を活用し、一人ひとりに寄り添った最適な健康・サービスを提供することである。 ReTabellは、栄養関連学会のガイドラインに準拠したAIレシピ検索アルゴリズムを搭載しており、医療機関や在宅における要介助者の食・健康に関するQOL向上に貢献する。

今回の協業に先立ち、両社が共同で医療関係者と介助者、要介助者に対して行った調査結果からは、加齢や薬の副作用に伴って体調や嗜好が変化し、要介助者の摂食に関する困りごとが顕在化していることが示唆された。これらの困りごとを放置すれば栄養摂取が不十分となり、治療の継続・完遂にも困難を来す可能性がある。一方で、医療関係者や介助者が要介助者と食事について対話できる機会と時間は限られており、一人ひとりの体調・嗜好に応じた食事相談を実施することは難しい。

こうした課題を解決するため、ReTabellでは、体調・嗜好の変化に伴い一旦食べることができなくなった要介助者が、再び食べられるようになることや、医療関係者や介助者の要介助者に対する利他的行動を支援する。サイト上で体調や食べたものを選んで検索することで、困りごとに対応した献立を誰もが手軽に行うことが可能。

【参照ページ】
~摂食に関する困りごとに対応したAI搭載献立支援サイトの開設と展開~ 味の素㈱と第一三共㈱、医療関係者や介助者向けの協業に合意

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る