Infinitum、産業界の脱炭素化を推進するため270億円超を調達

省エネモーター新興企業Infinitum、産業界の脱炭素化を推進するため270億円超を調達

11月1日、サステナブル・モーター企業であるInfinitumは、シリーズE資金調達ラウンドで1億8500万ドル(約276億円)を調達したと発表した。

本ラウンドはJust Climateが主導し、Galvanize Climate SolutionsとNGPが参加した。本ラウンドには、Alliance Resource Partners、Rockwell Automation、Riverstone Holdings、Chevron Technology Ventures、Cottonwood Technology Fund、Ajax Strategiesなどの既存投資家も参加しており、これまでの資金調達総額は3億5,000万ドル(約523億円)に達した。

IEAによれば、モーターはエネルギーの最大のエンドユーザーであり、世界全体で電力の53%を消費している。産業部門の電動化に伴い、今後数年間で電力需要の大幅な増加が見込まれている。Infinitumによると、現在のモーターは単一の回転数でしか作動しないため、大量のエネルギーを浪費している。

2016年に設立されたテキサスを拠点とする同社は、産業用モーターの電力消費量の削減を目指している。同社のモーターには可変周波数ドライブ(VFD)が内蔵されており、可能な限り低速でモーターを稼働させることでエネルギー使用量を削減する。

モーターは従来のモーターより50%小型軽量化され、銅の使用量は66%削減、消費電力は10%削減される。Infinitumの空芯モーターは、従来の銅巻き鉄芯ステーターを軽量プリント基板ステーターに置き換えたもので、信頼性は10倍向上しているという。これとモータのモジュール設計により、Infinitumモータの製造とサービスにおける二酸化炭素排出量を削減し、部品を複数回再利用することができる。

同社はまた、Rockwell Automationとモーター・システムを共同開発している。Rockwell の産業オートメーション・ソリューションと互換性があり、Rockwellを通じて販売される予定であると述べた。

【参照ページ】
Infinitum Secures $185 Million Series E Funding Led by Just Climate to Catalyze Industrial Decarbonization with High-Efficiency, Sustainable Motors

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る