Infinitum、産業界の脱炭素化を推進するため270億円超を調達

省エネモーター新興企業Infinitum、産業界の脱炭素化を推進するため270億円超を調達

11月1日、サステナブル・モーター企業であるInfinitumは、シリーズE資金調達ラウンドで1億8500万ドル(約276億円)を調達したと発表した。

本ラウンドはJust Climateが主導し、Galvanize Climate SolutionsとNGPが参加した。本ラウンドには、Alliance Resource Partners、Rockwell Automation、Riverstone Holdings、Chevron Technology Ventures、Cottonwood Technology Fund、Ajax Strategiesなどの既存投資家も参加しており、これまでの資金調達総額は3億5,000万ドル(約523億円)に達した。

IEAによれば、モーターはエネルギーの最大のエンドユーザーであり、世界全体で電力の53%を消費している。産業部門の電動化に伴い、今後数年間で電力需要の大幅な増加が見込まれている。Infinitumによると、現在のモーターは単一の回転数でしか作動しないため、大量のエネルギーを浪費している。

2016年に設立されたテキサスを拠点とする同社は、産業用モーターの電力消費量の削減を目指している。同社のモーターには可変周波数ドライブ(VFD)が内蔵されており、可能な限り低速でモーターを稼働させることでエネルギー使用量を削減する。

モーターは従来のモーターより50%小型軽量化され、銅の使用量は66%削減、消費電力は10%削減される。Infinitumの空芯モーターは、従来の銅巻き鉄芯ステーターを軽量プリント基板ステーターに置き換えたもので、信頼性は10倍向上しているという。これとモータのモジュール設計により、Infinitumモータの製造とサービスにおける二酸化炭素排出量を削減し、部品を複数回再利用することができる。

同社はまた、Rockwell Automationとモーター・システムを共同開発している。Rockwell の産業オートメーション・ソリューションと互換性があり、Rockwellを通じて販売される予定であると述べた。

【参照ページ】
Infinitum Secures $185 Million Series E Funding Led by Just Climate to Catalyze Industrial Decarbonization with High-Efficiency, Sustainable Motors

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る