カナダ、化石燃料への公的融資を段階的に廃止

カナダ、化石燃料への公的融資を段階的に廃止

7月24日、カナダ政府は、「非効率的」な化石燃料補助金を廃止するための新たな枠組みとガイドラインを発表するなど、化石燃料セクターへの政府支援を削減することを目的とした一連の取り組みを発表した。

新しい枠組みを発表した政府の声明によると、本イニシアティブは、2021年のCOP26サミットで署名された34カ国の合意であるグラスゴー声明に基づくカナダのコミットメントの一環であり、化石燃料から公的資金をシフトさせ、エネルギー転換を支援するものである。

カナダ政府によると、「化石燃料補助金カナダ政府自己評価枠組み」は、エネルギー部門への補助金が非効率とみなされないために満たすべき判断基準を詳述している。基準には、温室効果ガスの大幅な削減、クリーンエネルギー、クリーン技術、再生可能エネルギーの支援、遠隔地コミュニティへの必要不可欠なエネルギーサービスの提供、緊急対応のための短期的支援、化石燃料活動への先住民の経済参加の支援、炭素回収・利用・貯蔵などの削減された生産プロセスの支援、2030年までにネット・ゼロを達成する信頼できる計画を持つプロジェクトなどが含まれる。

フレームワークとともに発表されたガイドラインは、今後の政府支援が国の気候・エネルギー優先課題に沿ったものであることを保証するための標準化された手法を提供し、フレームワークに沿わない裁量プログラムへの資金提供を排除するものである。

政府はまた、2024年までに現在の公的資金を特定し、新たな補助金廃止の約束の範囲を超えて、化石燃料部門への公的資金を段階的に廃止するための実施計画を2024年秋までに策定するよう取り組むと発表した。

環境保護団体は、カナダの発表を歓迎する一方、エネルギー部門への公的融資のうち補助金はごく一部に過ぎず、今回の発表では化石燃料への融資に門戸が開かれていると指摘し、政府のコミットメントをさらに前進させるよう求めた。

【参照ページ】
(原文)Government of Canada delivers on key climate commitment to phase out inefficient fossil fuel subsidies
(日本語参考訳)カナダ政府、非効率な化石燃料補助金の段階的廃止という重要な気候変動公約を実現

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る