IOSCO、IFRSの新サステナビリティ報告基準を取り入れるよう規制当局に要請

https://www.esgtoday.com/wp-content/uploads/2023/07/IFRS-1.jpg

7月25日、IOSCOは、「一貫性があり、比較可能で信頼できるサステナビリティ情報への大きな一歩」とし て、IFRSの新しいサステナビリティ開示基準および気候変動開示基準を正式に承認したことを発表した。

この承認により、IOSCOは、世界の金融市場の95%以上を規制する130の加盟国に対し、新基準の規制枠組みへの組み込みを検討するよう呼びかけることになる。

今回のエンドースメントは、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)が先月発表した、サステナビリティと気候変動報告のための新しいグローバル基準、IFRS S1とIFRS S2に続くものである。

IOSCOは早くからISSBプロジェクトを支持することを表明しており、2021年初めには技術専門家グループ(TEG)を発足させ、ISSBと緊密に協力し、国際報告基準開発のための健全な基礎となり得るかどうかなど、ISSBの技術的勧告を評価していた。

IOSCOは、承認発表の声明の中で、この基準は「資本市場が持続可能性に関連した財務情報の利用を発展させるためのグローバルな枠組みとして適切である」と判断したと述べた。

IOSCOのサステナブル・ファイナンス・タスクフォースのロドリゴ・ブエナベンチュラ議長は、本日の発表を「重要なマイルストーン」と呼び、今回の承認により、世界の資本市場は信頼性が高く、一貫性があり、比較可能なサステナビリティ関連情報にアクセスできるようになり、投資家はサステナビリティのリスクと機会を評価し、投資判断を下すことができるようになる」と述べた。

IOSCOの承認と同時に、IFRS財団は、規制当局が新基準を導入するのをサポートするために開発中の仕組みについて説明した、規制当局向けの導入ガイドの概要を発表した。

【参照ページ】
(原文)IFRS Sustainability Disclosure Standards endorsed by international securities regulators
(日本語訳)国際財務報告基準(IFRS)サステナビリティ開示基準が国際証券規制当局に承認される

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る