TCW、エンジンNo.1の持続可能な変革に特化したETF事業を買収

TCW、エンジンNo.1の持続可能な変革に特化したETF事業を買収

7月25日、グローバル資産運用会社TCWグループは、持続可能な移行に焦点を当てたアクティビスト投資家エンジンNo.1から、トランスフォーム・テーマ型上場投資信託(ETF)事業を買収したと発表した。

サンフランシスコを拠点とするエンジンNo.1は、エクソンの取締役会で議席を獲得するための戦いを成功させ、ESG投資で一躍有名になった。本キャンペーンは、CalPERS、CalSTRS、New York State Common Retirement Fund、BlackRockを含む多くの著名な投資家から支持を得た。同社は、企業の持続可能な事業への転換を支援することで価値を創造することに重点を置き、エネルギー転換やサプライチェーンのオンショアリングなど、一世代に一度の変革から利益を得ることができる企業をターゲットとしている。

トランスフォームETFプラットフォームは、6億ドル(約833億円)以上の米国株式ETFを運用している。トランスフォームETFプラットフォームは、6億ドル (約833億円) 以上の米国株式ETFを運用しており、その中には、ネット・ゼロに取り組み、エネルギー転換の恩恵を受けながら価値を創造する戦略を持つと特定された企業に投資するトランスフォーム気候ETF(NETZ)、米国の公開株式のうち最大の500銘柄に投資し、価値を創造する持続可能性の問題に焦点を当て、業績強化のために企業に関与し、リーダーシップ・チームの説明責任を問うために投票するトランスフォーム500ETF(VOTE)、などがある。トランスフォーム・サプライチェーンETF(SUPP)は、製造業、オートメーション&イノベーション、運輸業など、北米におけるサプライチェーンの変革と再ローカリゼーションを推進する企業を投資対象とする。

TCWは、今回の買収により、より大規模なETFプラットフォームを構築するためのインフラを提供することで能力を拡大し、”経済の現実に根ざした持続可能な投資 “に焦点を当て、同社の顧客が利用できる投資商品を拡大すると述べている。

【参照ページ】
TCW Acquires ETF Business from Engine No. 1

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る