Shell、印Spring Energyの買収により再生可能エネルギーポートフォリオを拡大

Shell、2000億円超の買収により再生可能エネルギー容量を3倍に拡大

4月29日、エネルギー大手Shellは、インドのSprng Energyグループの直接株主であるSolenergi Power Private Limitedを、サステナブル・インフラ投資家のActisから15.5億ドル(約2,000億円)で買収することを発表した。

Actisが2017年に立ち上げたSprngは、インドの配電会社に太陽光発電と風力発電を供給しており、現在のポートフォリオは2.9GW-peak以上の資産と、さらに750GWのプロジェクトがパイプラインにある。

Shellによると、本契約は同社の「Powering Progress」戦略の実現に貢献する。昨年発表された本戦略では、2050年までにスコープ1、2、3の排出量においてネット・ゼロのエネルギー事業となる目標を達成し、再生可能エネルギーやクリーンエネルギーソリューションに投資する方法を詳述している。同社は最近、ネット・ゼロ・エミッション・ビジネスとなる戦略の実現を加速させるための取り組みの一環として、本社をハーグから英国に移転することを発表した。Shellは現在、100万kWの再生可能エネルギー発電設備を稼働中で、さらに370万kWの建設中または売却を決定しており、将来のプロジェクトのパイプラインにはさらに38万kWの再生可能エネルギー発電設備がある。

今回の買収は、インド国民にとって自然エネルギーがより重要なエネルギー源となるとの想定に基づいている。インドの電力・新再生可能エネルギー省によると、インドの設備容量に占める再生可能エネルギーの割合は、2020年の24%から、2030年には約60%になると推定されている。

【参照ページ】
(原文)Shell to acquire Sprng Energy group, one of India’s leading renewable power platforms
(日本語訳)Shell、2000億円超の買収により再生可能エネルギー容量を3倍に拡大

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る