Danone、業界初の「乳性・植物性混合ミルク」を発売

7月5日、食品大手Danoneは、 植物性タンパク質を60%配合した、ベジタリアン向けに作られた初の粉ミルク「Dairy & Plants Blend」の発売を発表した。

欧州では、消費者の3分の1以上(37%)がヴィーガン、ベジタリアン、フレキシタリアンの食事を選択し、約70%(69%)の親が自分の子どもに植物由来の食品を多く与えたいと考えており、植物由来の食品需要が大幅に増加している。

Danoneは、50年以上にわたる母乳の高度な研究と植物由来の製品の先駆的な経験を活かし、乳製品と植物の両方の長所を組み合わせた栄養的に完全な粉ミルク、「Dairy & Plants Blend」を新たに開発した。本製品は、必要なタンパク質の半分以上を大豆から摂取する、ベジタリアン向けの初めてのブレンド粉ミルクだ。

また、「Dairy & Plants Blend」は、植物の風味をマイルドに表現しており、乳幼児が植物の風味に親しみ、将来の食の嗜好を形成することを目的としている。

本製品は、他の粉ミルクと比較して1パックあたりの二酸化炭素排出量を約30%削減する。これは、「Dairy & Plants Blend」の粉ミルクに含まれる植物由来成分の割合が高いことや、完全リサイクル可能なパッケージがカーボンフットプリントの低減に寄与しているためだ。

Danoneの「Dairy & Plants Blend」は、まずオランダで「Nutrilon」ブランドとして発売され、今年後半には他の国でも「Aptamil」ブランドとして発売される予定だ。

【参照ページ】
(原文)Danone Marks Industry 1st With Launch Of New Dairy & Plants Blend Baby Formula
(日本語訳)食品大手Danone、業界初の「乳性・植物性混合ミルク」を発売

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る