Alibaba Cloud、カーボンマネジメントのソリューションを提供開始

6月30日、アリババグループ傘下のAlibaba Cloudは、事業活動や製品による二酸化炭素排出量の測定、分析、管理を支援するサステナビリティプラットフォームEnergy Expertのグローバルローンチを発表した。本SaaS型サービスは、省エネルギーに関する推奨事項を提供し、顧客のサステナビリティへの取り組みを加速させる。

アリババグループは、昨年カーボンニュートラル宣誓を公表した。同社は、「スコープ3 +」の概念を提唱し、エネルギー効率の高い技術を顧客やビジネスパートナーと共有し、二酸化炭素排出量を削減するための共同努力を約束している。

Energy Expertは、企業や製品レベルでの炭素会計と報告プロセスを自動化し、サステナビリティの影響に関する統計情報をリアルタイムで取得することで、情報に基づいた意思決定を可能にする。また、日々の事業活動や製品の全ライフサイクルから排出される炭素の発生源の特定や、カーボンフットプリントの定量化を行うことができる。さらに、ダッシュボードやオンラインレポートによる視覚化によって、リアルタイムの炭素排出パターンやサステナビリティパフォーマンスの進捗状況を可視化できる。

中国では、本ツールは今年2月に展開されている。これまでに2,000社以上の企業で利用され、2月以降、1日あたり200万キロワット時以上のエネルギー節約、40万トンの二酸化炭素排出量の削減を実現しているという。

Energy Expertは、杭州にあるアリババ本社のサステナビリティ対策でも重要な役割を果たした。空調システムのインテリジェント制御や、年間120万kWhを発電する屋上太陽光発電パネルの設置などを通し、ピーク時以外の電力消費を30%削減、夏季の空調エネルギー使用量を17%削減するなど、本社のエネルギー効率の最適化に貢献した。

【参照ページ】
(原文)Alibaba Cloud Launches Carbon Management Solution – Energy Expert
(日本語訳)Alibaba Cloud、カーボンマネジメントのソリューションを提供開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る