CUMMINSと小松製作所、ゼロエミッションの鉱山用運搬トラックの開発で協業

6月28日、重工業大手CUMMINSと、建設・鉱山業向け機器メーカー小松製作所は、ゼロエミッション運搬機械の開発でパートナーシップを締結した。両社はこれまで、様々な鉱山機械や建設機械においてディーゼルエンジンのパートナーシップを築いてきた。今後は、大型鉱山用運搬車向けの水素燃料電池ソリューションなど、ゼロエミッションの電力技術に注力していく予定だ。

2021年8月、小松製作所は、ディーゼル電気、トロリー、バッテリー電源、水素燃料電池など、さまざまな電源で走行可能な「パワーアグノスティックトラック」を発表した。今回の協業は、本トラックの開発を補完するものだ。

CUMMINSは、脱炭素化のための重要な構成要素であるバッテリー、燃料電池システム、電解槽(水素生成用)の幅広いポートフォリオを持っている。同社は、マイニング分野における独立系大手電力会社として、最も過酷な環境に耐えうる信頼性の高い高品質な製品を導入するために不可欠なアプリケーションの知見を提供する。

小松製作所は、2030年までに製品の使用と機器の生産に伴うCO2排出量を50%削減(2010年比)し、2050年までにカーボンニュートラルを達成するという目標を掲げている。また、2021年に、次世代のゼロエミッション鉱山機械とインフラの製品企画、開発、試験、展開において積極的に協力するため、顧客との温室効果ガス(GHG)アライアンスの設立を発表した。

小松製作所との協業は、CUMMINSが掲げる「Destination Zero」戦略の一環である。CUMMINSは、製品の温室効果ガス(GHG)と大気環境への影響を低減し、2050年までにネットゼロ・エミッションの達成を目標としている。

【関連記事】
CUMMINSと中シノペック、中国でのグリーン水素技術生産に向けた合弁会社を正式に設立
いすゞ自動車とCUMMINS、北米向け中型EVトラックの開発・モニターを開始

【参照ページ】
(原文)
CUMMINS AND KOMATSU TO COLLABORATE ON ADVANCING DEVELOPMENT OF ZERO EMISSIONS MINING HAUL TRUCKS
(日本語訳)
重工業大手CUMMINSと小松製作所、ゼロエミッションの鉱山用運搬トラックの開発で協業

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る