PepsiCo、水還元プロジェクトに資金拠出

2月12日、米国の食品世界大手であるペプシコ傘下のPepsiCo Beverages North America(PBNA)は、米カリフォルニア州とフロリダ州で4件の水還元プロジェクトに資金拠出すると発表した。

今回のアクションは、PepsiCoのサステナビリティ戦略「pep+(pep Positive)」の一環であり、2030年までにウォーターポジティブ達成を目指す目標の一部を構成している。これにより、水リスクの高い地域にある自社工場および第三者工場で使用する水の100%以上を地域の流域に還元することが目指されている。

カリフォルニア州では、モケルムネ川流域の森林回復、コロラド川流域の水マネジメントと灌漑インフラの改善、サン・ホアキン川流域の水生生物回復プロジェクトが展開される。フロリダ州エバーグレーズでは、国際環境NGOの米ザ・ネイチャー・コンサーバンシー(TNC)と協働し、雨水貯留池の性能向上プログラムが実施される。

具体的には、モケルムネ川流域では、森林回復に焦点を当て、世界資源研究所(WRI)、アッパーモケルムネ川流域当局、ブルー・フォレスト・コンサベーション(BFC)と協働して森林の回復を推進する。コロラド川流域では、フォート・ユマ・インディアン居留地内の農業用水供給の改善が行われる。サン・ホアキン川流域では、チコ・ステート・エンタープライズ(CSE)と協働して側水路の回復や水生生物の保全が進められる。

フロリダ州エバーグレーズでは、TNCとの協働により雨水貯留池の性能向上プログラムが実施され、水質の改善や洪水の緩和、自然な回復が図られる。

これらのプロジェクトにより、PepsiCoは地域社会と環境の保護に貢献し、サステナビリティ目標の達成に向けた取り組みを強化している。

【参照ページ】
(原文)PepsiCo Beverages North America announces funding for four additional water replenishment projects driving further progress toward goal of becoming Net Water Positive by 2030
(日本語参考訳)PepsiCo、水還元プロジェクトに資金拠出

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る