水処理ソリューション企業エコラボ、欧州と北米の全事業に再生可能エネルギーを導入

エコラボ、欧州と北米の全事業に再生可能エネルギーを導入

4月4日、水処理・衛生・感染予防のソリューションとサービスを提供するエコラボは、再生可能エネルギー投資・資産管理会社であるローカーボン社との新しい仮想電力購入契約(VPPA)を通じて、全ヨーロッパ事業の再生可能エネルギー利用を発表した。

エコラボのヨーロッパ事業には、15の主要オフィス・26の製造施設・7つの研究開発センターが含まれる。

エコラボは2018年の投資により、北米事業への再生可能エネルギーの導入を可能にした。現在、世界のエネルギー需要の80%をカバーする再生可能エネルギーを調達しており、2030年までに100%達成を目標とする。

今回の契約では、ローカーボン社が現在開発中のフィンランド西海岸の風力発電所(タービン5基)の建設と運営を支援。 2023年末の運転開始を予定している本風力発電所は、年間約100GWhの再生可能エネルギーを生産し、20,900トンの温室効果ガス排出を削減する見込みだ。

【参照ページ】
(原文)Ecolab Investment in Renewable Energy to Source 100% of Company’s European Power Requirements
(日本語訳)エコラボ、欧州と北米の全事業に再生可能エネルギーを導入

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る