水処理ソリューション企業エコラボ、欧州と北米の全事業に再生可能エネルギーを導入

エコラボ、欧州と北米の全事業に再生可能エネルギーを導入

4月4日、水処理・衛生・感染予防のソリューションとサービスを提供するエコラボは、再生可能エネルギー投資・資産管理会社であるローカーボン社との新しい仮想電力購入契約(VPPA)を通じて、全ヨーロッパ事業の再生可能エネルギー利用を発表した。

エコラボのヨーロッパ事業には、15の主要オフィス・26の製造施設・7つの研究開発センターが含まれる。

エコラボは2018年の投資により、北米事業への再生可能エネルギーの導入を可能にした。現在、世界のエネルギー需要の80%をカバーする再生可能エネルギーを調達しており、2030年までに100%達成を目標とする。

今回の契約では、ローカーボン社が現在開発中のフィンランド西海岸の風力発電所(タービン5基)の建設と運営を支援。 2023年末の運転開始を予定している本風力発電所は、年間約100GWhの再生可能エネルギーを生産し、20,900トンの温室効果ガス排出を削減する見込みだ。

【参照ページ】
(原文)Ecolab Investment in Renewable Energy to Source 100% of Company’s European Power Requirements
(日本語訳)エコラボ、欧州と北米の全事業に再生可能エネルギーを導入

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る