Planet Tracker、プラスチック生産上位20社の社外取締役へ汚染問題への対処の強化を求める

Planet Tracker、プラスチック生産上位20社の社外取締役へ汚染問題への対処の強化を求める

12月6日、Planet Trackerは最新の報告書において、最も廃棄物を排出するプラスチック生産者上位20社を特定し、その経営陣にいくつかの重要な質問を投げかけ、プラスチック汚染問題に取り組むよう、独立取締役としても知られる非執行取締役(NEDs)に呼びかけた。単一使用プラスチック(SUP)は、世界のプラスチック汚染問題の主要な原因であり、生産者の利益率だけでなく、より広い金融市場にも長期的な大きなリスクをもたらしている。

2019年に捨てられたSUPは推定1億3000万トンで、その35%は焼却、31%は埋設、19%は陸上や海洋に投棄されており、大きな懸念材料となっている。また、世界のSUPの生産能力は今後5年間で30%以上増加すると言われている。
さらに、報告書によると、業界は循環型社会への移行に対する準備が不十分で、化石燃料の原料を持続可能な代替品に置き換えるための具体的な政策や約束、目標がない企業が非常に多いことが指摘されている。

現在、プラスチック産業と密接に関連する重大な環境問題が発生している。そして、これらの外部性はますます投資家に織り込まれ、プラスチックメーカーの利益率は過去5年間で低下し、資本利益率は過去10年間で低下し、フリーキャッシュフローは激減し、年間設備投資額は減価償却費を下回るようになっている。さらに、プラスチック施設の排ガスによる健康被害がメディアの関心を集め、規制が強化されていることから、プラスチック需要が予測を下回る可能性があり、金融市場に長期的なリスクをもたらしている。

本報告書によると、これらの「外部性」は役員会で説明される必要があり、社外取締役はこれを確実に実現するための最も強力な立場にあるとのことである。

このような背景から、Director’s Dutyは、ExxonMobil、PetroChina、Dow、LyondellBassellを含む世界の20大プラスチックメーカーを精査し、これらの企業が世界のSUP廃棄物の半分以上を生み出していることを明らかにするとともに、これらの企業のNEDが経営陣に圧力をかけ、より持続可能な代替品に移行することを求めている。

【参照ページ】
(原文)PLASTIC PRODUCERS’ NON-EXECUTIVE DIRECTORS MUST TAKE MORE RESPONSIBILITY TO PREVENT PLASTIC POLLUTION, PLANET TRACKER URGES
(日本語訳)プラスチック生産者の社外取締役はプラスチック汚染防止にもっと責任を持つべき、プラネット・トラッカーが要請

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る