IberdrolaとH2 Green Steel、約2,900億円のグリーン水素プラントを建設し、脱炭素鉄鋼の生産に貢献

IberdrolaとH2 Green Steel、約2,900億円のグリーン水素プラントを建設し、脱炭素鉄鋼の生産に貢献

世界的なエネルギー・電力供給会社であるイベルドローラ社とスウェーデンのグリーン・スチール・スタートアップであるH2 Green Steel(H2GS)社は、23億ユーロ(約2,900億円)を投じた1,000MWのグリーン水素製造プラント建設に合意した。このプラントは、炭素排出量を95%削減した鉄鋼を製造するための鋼鉱石還元炉の電力として使用される予定だ。

世界のメーカーがサプライチェーンの脱炭素化を目指す中、化石を使用しない鉄鋼の需要は大幅に増加すると予想されている。製鉄業は世界で最もCO2を排出している企業のひとつであり、その削減が最も困難なセクターのひとつでもある。本セクターからの温室効果ガス(GHG)の総排出量は、世界の化石燃料の使用による直接排出量の7〜9%を占めている。

2020年に設立されたH2GS社は、世界初の大規模な脱化石製鉄所の建設を目指している。今年初め、同社はスウェーデン北部にグリーンフィールド製鉄所を建設する計画を発表した。このプロジェクトには、ギガスケールのグリーン水素プラントが製鉄所の一部として組み込まれている。H2GS社は最近、シリーズAのエクイティ・ファイナンスを完了し、金融機関および戦略的投資家のコンソーシアムから1億500万ドルを調達した。

今回の発表では、イベリア半島に1GWのグリーン水素プラントを建設し、同じ敷地内に年間250万トンから500万トンのグリーン鋼板を生産できる鉄鋼設備を設置する可能性を想定している。

イベルドローラ社は、ここ数年、エネルギー転換の取り組みや再生可能エネルギーの開発に力を入れてきた。同社は最近、再生可能エネルギーへの大規模な投資を含む750億ドルの資本計画を発表し、2025年までに再生可能エネルギーの容量を約2倍にすることを計画している。また、イベルドローラ社は昨年、グリーン水素に特化したビジネスユニットを立ち上げ、新たなテクノロジーにおけるリーダーとしての地位を確立することを目指している。

今回の契約では、イベルドローラ社とH2GS社が共同で工場の電気分解機を運営し、イベルドローラ社が工場に再生可能エネルギーを供給し、H2GS社がグリーン溶鋼の製造と下流のすべての冶金プロセスを運営する。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola and H2 Green Steel sign 2.3 billion euros green hydrogen deal
(日本語訳)IberdrolaとH2 Green Steel、約2,900億円のグリーン水素プラントを建設し、脱炭素鉄鋼生産に貢献

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る