SoftbankとBlackRock、サステナビリティ・データ&アナリティクス・プラットフォーム「Clarity AI」に出資

SoftbankとBlackRock、サステナビリティ・データ&アナリティクス・プラットフォーム「Clarity AI」に出資

サステナビリティ分析とデータサイエンスのプラットフォームであるClarity AIは、SoftBank Vision Fund 2が主導し、新規投資家であるFifth Wall ClimateTech Fundや既存の投資家であるBlackRockなどを含む、5,000万ドル(約57億円)の資金調達ラウンドの完了を発表した。本資金調達により、Clarity AIの評価額は4億5,000万ドル(約510億円)となった。

Clarity AIは、投資家がポートフォリオのインパクトを管理できるように設計されたインパクト評価・査定技術プラットフォームだ。本プラットフォームは、ビッグデータと機械学習を利用して実用的なサステナビリティとインパクトの洞察を生み出し、これらを企業、国、地方自治体などの独自の幅広いユニバースに展開する。また規制や顧客への報告をサポートすることで、投資家がSFDRやEU Taxonomy規制で求められるような新しいサステナビリティ開示義務に対応できるようにする。

ブラックロックは、2021年1月にCrarity AIに初期投資を行いました。ブラックロックのAladdin Sustainability責任者のSamantha Tortora氏によると、同社はClarity AIの機能を、投資専門家向けの独自のAladdinオペレーティングシステムに統合した。

【参照ページ】
(参考記事)SoftBank and BlackRock Invest in Sustainability Tech Firm Clarity AI
(日本語訳)SoftbankとBlackRock、サステナビリティ・データ&アナリティクス・プラットフォーム「Clarity AI」に出資

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る