Carlyle、ポートフォリオ全体のDEI戦略・目標の加速に向け、CEOネットワークを設立

3月24日、Carlyleグループは、グローバル・ポートフォリオ全体の多様性、公平性、包括性(DEI)戦略および目標の加速に向け、同社のポートフォリオ企業のCEOで構成される「Carlyle DEI Leadership Network」の設立を発表した。

本ネットワークの主な活動内容としては、毎年CEOが集まり、専門家の意見を聞き、成功事例や課題を共有し、セクターを超えたリーダー同士の交流を図ること、四半期ごとにDEI専門家の講演会を開催すること、DEIに関するアイデアを交換し議論するためのコミュニケーションチャネルを確立し、企業内で実行可能なDEIイニシアティブを支援するリソースやツールにアクセスできるようにすること、などが予定されている。ネットワークの初会合は、3月24日に開催した。

Carlyleは、ESGの重要な目標の一つとして、ポートフォリオの多様性を推進している。本ネットワークの設立は、Carlyleが昨年、サステナビリティに関連した2つのクレジットファシリティ(総額60億ドル以上)に署名したことを受けたもので、その条件は、所有後2年以内に支配企業の取締役に30%の多様な人材を登用するという目標に紐付けられている。

【参照ページ】
(原文)Carlyle Establishes DEI Leadership Network of Portfolio Company CEOs as it Continues Push to Advance Diversity Standards Across the Private Equity Industry
(日本語訳)カーライル、プライベートエクイティ業界全体でダイバーシティスタンダードを推進し続ける中で、ポートフォリオ企業のCEOのDEIリーダーシップネットワークを確立

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る