Carlyle、ポートフォリオ全体のDEI戦略・目標の加速に向け、CEOネットワークを設立

3月24日、Carlyleグループは、グローバル・ポートフォリオ全体の多様性、公平性、包括性(DEI)戦略および目標の加速に向け、同社のポートフォリオ企業のCEOで構成される「Carlyle DEI Leadership Network」の設立を発表した。

本ネットワークの主な活動内容としては、毎年CEOが集まり、専門家の意見を聞き、成功事例や課題を共有し、セクターを超えたリーダー同士の交流を図ること、四半期ごとにDEI専門家の講演会を開催すること、DEIに関するアイデアを交換し議論するためのコミュニケーションチャネルを確立し、企業内で実行可能なDEIイニシアティブを支援するリソースやツールにアクセスできるようにすること、などが予定されている。ネットワークの初会合は、3月24日に開催した。

Carlyleは、ESGの重要な目標の一つとして、ポートフォリオの多様性を推進している。本ネットワークの設立は、Carlyleが昨年、サステナビリティに関連した2つのクレジットファシリティ(総額60億ドル以上)に署名したことを受けたもので、その条件は、所有後2年以内に支配企業の取締役に30%の多様な人材を登用するという目標に紐付けられている。

【参照ページ】
(原文)Carlyle Establishes DEI Leadership Network of Portfolio Company CEOs as it Continues Push to Advance Diversity Standards Across the Private Equity Industry
(日本語訳)カーライル、プライベートエクイティ業界全体でダイバーシティスタンダードを推進し続ける中で、ポートフォリオ企業のCEOのDEIリーダーシップネットワークを確立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る