Crédit Agricole、AXA、世界最大級の洋上風力発電所へ約40億ドル出資

3月28日、Crédit Agricole AssurancesとAXA IM Altsは、ØrstedからHornsea 2 Offshore Wind Farmの50%の持分の共同取得への合意を発表した。本取引は30億ポンド(約39億円)と評価され、AXA IM AltsとCrédit Agricole Assurancesはそれぞれプロジェクトの25%を所有している。

Hornsea 2 Offshore Wind Farm は、現在、イギリスのヨークシャー州沖合89km、462km2の海域に建設中で、165基の8MWシーメンス・ガメサ製風力タービンを備えている。完成時には、130万世帯以上の電力を賄う132万kWのクリーン電力を発電することができ、稼働中の洋上風力発電所としては世界最大となる予定だ。

本契約に基づき、 Ørstedはプロジェクトの建設を完了し、20年間の長期運営・維持管理(O&M)サービスを提供する予定である。また、Ørstedは、AXA IM Alts社およびCrédit Agricole Assurancesに対し、バランシングサービスおよび同プロジェクトで発電された再生可能エネルギーの長期市場投入ルートも提供する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Ørsted partners with AXA IM Alts and Crédit Agricole Assurances on Hornsea 2 Offshore Wind Farm
(日本語訳)オーステッド、ホーンシー2洋上風力発電所でAXAIMAltsおよびCréditAgricoleAssurancesと提携

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る