Crédit Agricole、AXA、世界最大級の洋上風力発電所へ約40億ドル出資

3月28日、Crédit Agricole AssurancesとAXA IM Altsは、ØrstedからHornsea 2 Offshore Wind Farmの50%の持分の共同取得への合意を発表した。本取引は30億ポンド(約39億円)と評価され、AXA IM AltsとCrédit Agricole Assurancesはそれぞれプロジェクトの25%を所有している。

Hornsea 2 Offshore Wind Farm は、現在、イギリスのヨークシャー州沖合89km、462km2の海域に建設中で、165基の8MWシーメンス・ガメサ製風力タービンを備えている。完成時には、130万世帯以上の電力を賄う132万kWのクリーン電力を発電することができ、稼働中の洋上風力発電所としては世界最大となる予定だ。

本契約に基づき、 Ørstedはプロジェクトの建設を完了し、20年間の長期運営・維持管理(O&M)サービスを提供する予定である。また、Ørstedは、AXA IM Alts社およびCrédit Agricole Assurancesに対し、バランシングサービスおよび同プロジェクトで発電された再生可能エネルギーの長期市場投入ルートも提供する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Ørsted partners with AXA IM Alts and Crédit Agricole Assurances on Hornsea 2 Offshore Wind Farm
(日本語訳)オーステッド、ホーンシー2洋上風力発電所でAXAIMAltsおよびCréditAgricoleAssurancesと提携

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る