化石燃料からのメタン削減で2050年気温上昇を0.1℃抑制

化石燃料からのメタン削減で2050年気温上昇を0.1℃抑制


10月11日、国際エネルギー機関(IEA)、国連環境計画(UNEP)、気候変動と大気汚染防止の国際パートナーシップ(CCAC)は、化石燃料とメタンに焦点を当てた報告書を発表した。

  1. メタン排出の影響
    • メタンは地球温暖化の30%を占め、農業、化石燃料、廃棄物などの人類の活動により排出されている。
    • 1.5℃目標の達成には、メタン排出を2020年から2030年までに最大60%削減する必要があり、特に化石燃料が高い削減ポテンシャルを有している。
  2. 削減の可能性とコスト
    • 既存技術で、石油・ガス事業からのメタンガスの4分の3以上、石炭からのメタンガスの半分以上を低コストで削減可能。
    • すべての石油・ガス事業にメタン削減対策を導入する場合、2030年までに約750億米ドル(約11兆円)のコストがかかるが、これは2022年の石油・ガス事業の2%程度。
  3. 気温上昇と経済的影響
    • メタン削減により、2050年までの気温上昇を0.1℃抑制可能。
    • オゾン曝露による早期死亡を100万人、気候変動による農作物損失を9,000万t、猛暑による労働時間の損失を約850億時間減少させ、2050年までに2,600億米ドル(約39兆円)の経済効果がある。

これにより、メタン削減策の実施が環境、公衆衛生、経済の複数の面で有益であることが示唆された。

【参照ページ】
(原文)Urgent action to cut methane emissions from fossil fuel operations essential to achieve global climate targets
(日本語参考訳)化石燃料からのメタン削減で2050年気温上昇を0.1℃抑制

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る