イベルドローラ、風力タービンのリサイクルを推進するイニシアティブを開始

イベルドローラ、風力タービンのリサイクルを推進するイニシアティブを開始

6月1日、世界的なエネルギー・電力供給会社であるIberdrola(以下イベルドローラ)と、産業・商業廃棄物管理会社であるFCC Ámbito(以下FCCアンビト)は、風力タービンのブレードをはじめとする再生可能エネルギー設備の部品リサイクルを推進する新会社、 EnergyLOOP(以下エナジーループ)の設立を発表した。

イベルドローラによると、28GW以上の設備容量を持つスペインの風力発電産業は、他国に先駆けて相当量の風力タービンをリサイクルまたは再利用する必要があるとのことだ。ヨーロッパでは、2030年には年間約5,700基の風力タービンが解体され、風力発電所のリパワリングや設備の寿命が尽きると予想されている。

イベルドローラは、風力タービンのブレード部品であるガラス繊維、炭素繊維、樹脂を回収し、エネルギー、航空宇宙、自動車、繊維、化学、建設分野で再利用できるようにすることが当初の目的であると述べている。

またエナジーループは、ナバラ州にスペイン初のブレードリサイクル工場の設立を計画しており、最初の施設に約1000万ユーロ(約15億円)を投資する意向だ。新たな工場は、欧州初の工業規模のタービンブレードリサイクル施設にもなる予定である。

本プロジェクトでは、現場での前処理・調整、廃棄物輸送ロジスティクス、リサイクル技術、リサイクル製品のマーケティングなど、風力タービンブレードの循環利用を可能にするさまざまなステージに取り組む。

また、エナジーループは、廃棄物回収のための提携や、上記の材料の効果的な循環利用に必要な研究開発への貢献を目指しており、すでにシーメンス・ガメサと協力協定を締結している。

今回の出資は、イベルドローラの「PERSEO Venture Builder」プログラムを通じて行われたもので、新電化分野や脱炭素化が困難な分野に取り組む革新的な産業企業に投資するものだ。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola and FCC launch EnergyLOOP to lead the way in wind turbine blade recycling
(日本語訳)イベルドローラ社とFCC、風力発電用ブレードのリサイクルを先導する「EnergyLOOP」を立ち上げ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る