消費財大手36社、化粧品の環境影響評価システムで提携。花王・資生堂も参画

 

2月22日、UnileverやEstée Lauderなど消費財大手企業36社は、化粧品の環境影響評価と採点システムを業界全体で開発するイニシアチブ「EcoBeautyScore Consortium」の立ち上げを発表した。日本企業では花王・資生堂が参画している。

本イニシアチブは、消費者に対し、透明性のある比較可能な環境影響情報の提供を目的としており、サステナビリティ・コンサルティング会社Quantisと協力し、製品のライフサイクルを通し環境影響を測定する共通の手法、処方や包装に使用される標準的な成分や原材料、製品使用時の環境影響のデータベースに基づく評価手法と採点システムの開発を進めている。

消費財大手企業は、2022年末までにフットプリントとスコアリングのプロトタイプ完成を目標に掲げている。

【参照ページ】
(原文)The EcoBeautyScore Consortium is now live with 36 industry players in a breakthrough initiative to enable more sustainable consumer choices
(日本語訳)消費財大手36社、化粧品の環境影響評価システムで提携

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る