Google、イギリスとスペインで風力と太陽光発電契約を締結

グーグル、イギリスとスペインで風力と太陽光発電契約を締結し、90%のカーボンフリーエネルギーを達成

11月24日、Googleは、イギリスとスペインで新たに2つの再生可能エネルギー電力購入契約を締結したと発表した。これにより、同社は2025年までに各地域で90%以上のカーボンフリーエネルギー(CFE)運用を実現できる。

本契約は、Googleにとって各国初の長期PPAとなり、イギリスではENGIEから100MWの洋上風力を、スペインではib vogtから149MWの太陽光発電を購入する契約となっている。

Googleの親会社であるAlphabetは、2020年に「24/7 CFE ambition」を発表し、2030年までに事業全体をカーボンフリーのエネルギーで運営することを目標としている。24/7 CFEでの運用とは、同社が事業を展開するすべての地域において、毎日毎時、電力需要とCFEの供給を一致させることを意味する。

Googleは今年初め、2021年のエネルギー使用量の66%が同目標に沿ったものだと明らかにした。一方で、利用可能な再生可能エネルギーの不足、サプライチェーンの混乱や相互接続の課題によるCFE建設の遅れなどの逆風が、目標への進展を遅らせているとも述べている。

Googleは2017年から毎年、電力使用量の100%を再生可能エネルギーで補っているが、今回の契約により、イギリスとスペインのクラウド地域とオフィスは、1時間単位で地元のCFE電源とマッチングされるようになる。また、本協定は、新しい風力発電所や太陽光発電所の建設を支援し、国内の電力網にクリーンなエネルギー源を追加するものである。

Googleは、カーボンフリーエネルギーへの移行は、顧客自身のサステナビリティ目標の達成にも役立つと指摘している。世界の多くの企業は、気候変動やクリーンエネルギーに焦点を当てた取り組みの焦点を、多くの企業の排出量フットプリントの大部分を占めるバリューチェーンに向けつつある。

【参照ページ】
(原文)A year of clean energy momentum in Europe
(日本語訳)グーグル、イギリスとスペインで風力と太陽光発電契約を締結し、90%のカーボンフリーエネルギーを達成

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る