豪小売大手Woolworthsと容器製造企業Pact、リサイクル包装を強化する計画を発表

7月26日、オーストラリアの小売大手Woolworths Groupは、自社ブランド製品においてより持続可能な包装を実現するために、容器製造企業Pactを重要な戦略的パートナーとして発表した。

本パートナーシップにより、サーキュラーエコノミー型包装が促進され、 Woolworthsの自社ブランド包装に毎年最大18,000トンの再生プラスチックが使用されることになる。これは約25,000トンの二酸化炭素排出量の減少に相当し、また地元のリサイクルと製造能力への数百万ドルの投資に相当する。

Pactは現在オーストラリアで5つのプラスチックリサイクル施設を運営しており、2025年までにさらに4つの施設の建設を予定している。また、パッケージング製造施設全体に新しい技術と設備を導入するために7,600万ドル(約100億円)を投資すると述べている。

【参照ページ】
(原文)Woolworths Group and Pact plan new strategic partnership to boost recycled packaging
(日本語訳)ウールワース・グループとパクトは、リサイクル包装を促進するための新しい戦略的パートナーシップを計画しています。

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る