GinkgoとBayer、農業生物学研究開発プラットフォーム能力を構築するための正式契約を締結

7月25日、アメリカのバイオテクノロジー企業であるGinkgo Bioworksは、農業生物学分野におけるGinkgoのプラットフォーム能力を拡大するために、Bayerとの取引に関する最終契約を締結したことを発表した。本取引により、GinkgoはBayerのウエストサクラメントにある175,000平方フィートの生物製剤研究開発施設、チーム、および内部の探索・リード最適化プラットフォームを約8300万ドル(約110億円)で取得する予定である。

現在、作物のパフォーマンスを向上させるために市場で提供されているのは化学製品および植物形質製品ですが、農業生物学は、持続可能性とパフォーマンスに多大な利益をもたらす可能性を持つ、急速に成長するソリューションのカテゴリーである。Bayerは、Ginkgoの拡大した農業生物学的プラットフォームの最初の主要パートナーとなり、Joynの主要な窒素固定プログラムの進展、作物保護や炭素隔離などの分野における新たなプログラムに焦点を当てた新しい協力関係を結ぶことになる。

Ginkgoは、3年間の戦略的パートナーシップの一環として、農業生物学分野における研究サービスをBayerに提供し、パートナーシップの下で開発された製品の純売上高に応じたロイヤルティという形で川下の価値を獲得する可能性を持っている。 すでに開示したとおり、このBayerとの提携により得られる現金収入は、本取引により取得する営業費用を大幅に相殺することが期待される。Ginkgoは、Bayerとの今回の提携に加え、他の顧客の農業用生物プログラムの開発支援にも関与していく予定だ。

【参照ページ】
(原文)Ginkgo and Bayer Sign Definitive Agreement to Build Agricultural Biologicals R&D Platform Capabilities

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る