エスティローダー、ブランドポートフォリオ全体で使用する紙製ボトルの開発を検討

エスティローダー、ブランドポートフォリオ全体で使用する紙製ボトルの開発を検討

エスティ・ローダー・カンパニーズ(ELC)は、紙製ボトルの開発に取り組む大手パッケージ商品メーカーのPulpex(パルペックス)パートナーコンソーシアムに参加したことを発表した。

パルペックスは、責任を持って管理された森林からの100%再生可能な原料を用いて、木材パルプからボトルを形成する世界初の技術だ。ベンチャー企業であるパイロット・ライト社と飲料用アルコール会社であるディアジオ社のコラボレーションにより、2020年に発足した。コンソーシアムの追加パートナーには、ユニリーバ、ペプシコ、GSKコンシューマー・ヘルスケア、カストロールが含まれている。

ELCは、パルペックスに参加する最初のプレステージ・ビューティー・パートナーであり、同社のブランド・ポートフォリオ全体でペーパーボトリング技術を拡大する機会を得た。今月初め、ELCはリサイクル素材の使用を増やし、バージンプラスチックの使用を削減することを目標とした一連の新しい持続可能なパッケージの目標を発表した。パルペックス社の技術を拡大することで、2030年末までにパッケージに使用される石油系バージンプラスチックの使用量を50%以下にするという目標を達成することができると考えている。

ELCはここ数ヶ月の間に、特殊素材メーカーのイーストマン社と協力して、100%リサイクル素材を使用した新開発の分子再生ポリエステル製品群を取り入れ、素材成形技術メーカーのロクトール社と協力して、廃棄物を大幅に削減した製品のための持続可能なパッケージソリューションを開発・導入するなど、いくつかの持続可能なパッケージに関するパートナーシップを開始している。

【参照ページ】
(原文)The Estée Lauder Companies Joins Pulpex Partner Consortium to Develop Prestige Beauty’s First Widely Recyclable Paper Bottle
(日本語訳)エスティローダー、ブランドポートフォリオ全体で使用する紙製ボトルの開発を検討

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る