Temasek、「サステナブル・フード・プラットフォーム」を立ち上げ。アジアのフードテック企業を支援

Temasek、「サステナブル・フード・プラットフォーム」を立ち上げ。アジアのフードテック企業を支援

シンガポールの投資会社テマセックは、「アジア・サステナブル・フーズ・プラットフォーム」を立ち上げた。このプラットフォームでは、代替タンパク質の生産規模を拡大し、アジアにおけるサステナブル・フーズの商業化を促進するという課題に取り組むため、一連の取り組みとパートナーシップを展開する。

テマセクによると、この新しいプラットフォームは、製品開発から商業的なスケールアップや

採用まで、意欲的なフードテック企業の成長の各段階において、ソリューションやサポートを提供することを目的としている。

テマセックの企業開発グループ副責任者であるヨー・キート・チュアンは、より健康的で持続可能な食品に対する消費者の需要を満たすためには、今後10年間で1兆5,000億ドル以上の投資が必要になると考え、このプラットフォームを立ち上げたと述べている。

新しいプラットフォームは、イネーブラー、オペレーター、投資家として、フードテック企業にソリューションとサポートを提供することを目的としている。企業が製品の商業化を加速するのを支援するためのR&Dアドバイザリーやパイロットスケールの製造施設のほか、製造能力や商業化の機会に関する市場の洞察、戦略的なコネクションのネットワークを提供し、有望なフードテックのスタートアップ企業に資本を配分する。

またテマセクは、新プラットフォームの立ち上げを補完する一連のパートナーシップを発表した。これには、A*STARのSingapore Institute of Food & Biotechnology Innovation(SIFBI)による食品技術革新センター(FTIC)への投資や、ドイツの農業食品会社CREMERとの植物由来製品の製造能力強化のための合弁事業などが含まれている。

また、本プラットフォームは食品加工・流通企業であるADM社と提携し、精密発酵によって生産される微生物タンパク質の開発・製造受託サービスを行う合弁会社を設立する。ADM社の専門知識を活用することで、既存の小規模な食品テック企業が、発酵イノベーションをパイロットスケールまで拡大することが可能になる。

【参照ページ】
(参考記事)Temasek establishes the Asia Sustainable Foods Platform to accelerate the commercialisation of sustainable foods in Asia
(日本語訳)Temasek、「サステナブル・フード・プラットフォーム」を立ち上げ。アジアのフードテック企業を支援

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る