KKRとIGNIS、スペインおよび国際的なグリーン水素・アンモニア技術開発で提携

6月25日、世界有数の投資会社であるKKRと、スペインを拠点とするトップクラスの総合再生可能エネルギーグループであるIGNISは、IGNIS P2Xを立ち上げる合弁事業を発表した。新たなPower-to-X(P2X)プラットフォームは、グリーンな水素とアンモニアのプロジェクトを開発することを目的としており、発電が困難な分野の産業用途を対象としている。KKRは最大4億ユーロ(約688億円)を投資し、両社が50%の株式を保有する。本イニシアティブは、世界中のP2Xおよび再生可能プロジェクトの強固なパイプラインからスタートする。

IGNISは、10カ国で300を超える再生可能プロジェクトのポートフォリオを持ち、660万kWの電力資産を管理しており、その専門知識を活用して本プラットフォームを推進する。合弁会社は、グリーン水素、アンモニア、e-メタノール、e-燃料、精製、鉄鋼、化学、肥料などの産業向けSAF製造プラントの生産に注力する。さらに、風力や太陽光のような従来の自然エネルギーもこれらのプロジェクトに統合される。

IGNIS P2Xプラットフォームには、スペインやその他の国々で約20GWのP2Xプロジェクトのパイプラインがあり、様々な開発段階にある10GW以上の再生可能エネルギー・プロジェクトと並んでいる。これらの取り組みは、重工業の脱炭素化に向けたもので、有利な規制条件と大手産業企業との強力なパートナーシップに支えられている。

KKRの欧州インフラストラクチャー・チームのマネージング・ディレクター、ライアン・ミラーは、IGNISの自然エネルギーにおけるリーダーシップと、産業界の脱炭素化において同プラットフォームが果たす重要な役割を強調した。IGNISのアントニオ・シーラ最高経営責任者(CEO)は、KKRとのパートナーシップの重要性を強調し、KKRの財務力とエネルギー転換に関する専門知識がP2X戦略を推進する上で不可欠な資産であると指摘した。

今回の投資は、KKRのグローバル気候変動戦略における3つ目の大きな動きとなる。KKRはすでに、輸送電化と蓄電池のリーダーである英国のZenobēと、大規模太陽光発電プロジェクトの開発で米国をリードするAvantusに投資している。

【参照ページ】
(原文)KKR And IGNIS Announce Partnership To Develop Green Hydrogen, Ammonia And Other Green Technologies In Spain And Internationally
(日本語参考訳)KKRとIGNIS社、スペインおよび国際的なグリーン水素、アンモニアおよびその他のグリーン技術の開発に関する提携を発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る