NucorとHelion、製鉄の脱炭素化に向けて核融合発電所を建設へ

NucorとHelion、製鉄の脱炭素化に向けて核融合発電所を建設へ

9月27日、鉄鋼メーカーのNucorとクリーンエネルギー新興企業のHelionは、米国に拠点を置くNucorの鉄鋼製造施設に500MWの核融合発電所を開発し、同施設に炭素ゼロの電力を供給することで合意したと発表した。

両社によると、本協業はこの規模の核融合エネルギー協定としては初のもので、産業界の脱炭素化に向けた重要なマイルストーンとなる。

Nucorはまた、米国での核融合導入を加速させるため、Helionに3,500万ドル(約52億円)を投資することも発表した。

核融合は、2つの原子を結合させて1つの原子にし、エネルギーを放出するプロセスである。化石燃料に基づく発電に伴う炭素排出や、核分裂プロセスのような高い放射性物質を発生させることなく、水素から電力を生産する可能性があることから、クリーンで豊富なエネルギー生産の「聖杯」と長い間呼ばれてきた。しかし、大規模な核融合エネルギー発電は、非常に高い温度と圧力を作り出す必要があるため、なかなか実現しなかった。

2013年に設立されたHelionの核融合発電へのアプローチには、核融合の物理的課題のいくつかを克服するためのパルス非着火核融合システムの使用や、燃料として重水素とヘリウム3を使用する技術などが含まれる。ヘリウム3の特性は、より小型で効率的なシステムを可能にするが、この元素の生産は歴史的に非常に困難であった。Helionは、プラズマ加速器内で重水素を融合させる特許取得済みのプロセスを利用してヘリウム3を製造することができる。

Helionは現在、7番目の核融合プロトタイプに取り組んでおり、来年には発電能力を実証する予定だ。

製鉄は、世界的にCO2を最も多く排出するセクターのひとつであり、同セクターからの温室効果ガス総排出量(GHG)は、世界の化石燃料使用による直接排出量の7~9%を占めている。

Nucorは、電気アーク炉でリサイクルされた金属スクラップを使用して鉄鋼を生産しているため、GHG強度は世界平均より60%以上低い。同社は2030年までに排出強度を35%削減することを約束している。同社施設の脱炭素化のための重要な方法のひとつは、クリーン電力の使用を増やすことである。現在、同社の電力使用量の約40%は、クリーンまたは再生可能な電源から供給されている。同社は、最大の工場のひとつに核融合を導入することで、年間50万トンの排出量を削減できると試算した。

両社は、2030年を目標に、可能な限り早く新しい核融合プラントの運転を開始することを約束すると述べた。

【参照ページ】
(原文)NUCOR AND HELION TO DEVELOP HISTORIC 500 MW FUSION POWER PLANT
(日本語参考訳)Nucorとヘリオン、歴史的な500MW核融合発電所を開発へ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る