Neara、約35億円を調達。電力会社の再エネ導入と気候変動リスク軽減を支援

Neara、電力会社の再生可能エネルギー導入と気候変動リスク軽減を支援するため約35億円を調達

9月28日、インフラ・モデリング・プラットフォームのNearaは、シリーズB資金調達ラウンドが2,400万ドル(約35億円)に達し、新たに1,000万ドル(約14億円)の増資を行ったと発表した。この資金は、公益事業者が再生可能エネルギーをグリッドに接続し、気候関連のリスクを軽減する同社のソリューションを支援することを目的としている。

2016年に設立されたオーストラリアを拠点とするNearaは、人工知能を使用してエンジニアリンググレードのシミュレーションと分析のための3D、ネットワーク全体のモデルを作成し、公益事業者のインフラ維持を支援する。公益事業者は、Nearaのモデルを使用して、どのような条件下でも現実世界で資産がどのように反応するかをシミュレートすることが可能。これらのモデルは、手作業による現地調査への依存を減らしながら、ストレステストによるグリッドの回復力や悪天候への対応の改善におけるネットワーク監視の盲点を無くすために役立つ。

Nearaは、今回の投資でグローバルな事業展開を加速し、米国と欧州での事業を拡大するほか、再生可能エネルギー発電の送電網への接続を妨げる多くの制約を取り除くことを目的とした同社の新機能「System of Enablement」の開発をさらに進める。同社のプラットフォームはまた、電力事業者が効率的なネットワークを設計し、山火事や植生管理プログラムを強化し、既存のインフラを使用して再生可能プロジェクトをより迅速にオンライン化することを可能にする。

本ラウンドにはProsus Venturesが参加し、Nearaの既存投資家であるSkip CapitalとSquare Peg Capitalが支援した。

【参照ページ】
(原文)Neara Closes $24 Million Series B to Mitigate Utilities’ Climate Risks and Accelerate Renewable Energy
(日本語参考訳)ニアラ社、公益事業者の気候変動リスクを軽減し再生可能エネルギーを促進するため、2,400万ドルのシリーズBをクローズ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る