FORVIA、SBTiによりネット・ゼロ目標を承認された初の自動車会社に

6月30日、FaureciaとHELLAを統合した世界第7位の自動車技術企業であるFORVIAは、共同でのCO2ニュートラルロードマップがScience Based Target initiative(SBTi)により検証されたと発表した。FaureciaとHELLAは、SBTiの最も野心的な基準に沿って、2045年までに、共にネット・ゼロ・エミッションを達成する予定だ。これまでに世界で20社のみが同じネット・ゼロ・コミットメントを承認されている。

今回承認された目標は以下の通りだ。

①全体的なネット・ゼロ目標:バリューチェーン全体における温室効果ガス(GHG)排出量を、2019年を基準年として2045年までにネット・ゼロにする。
②短期的な目標:スコープ1および2のGHG排出量の絶対量を、2019年を基準として2025年までに80%削減する。また、スコープ3のGHG排出量を2019年を基準として2030年までに45%削減する。
③長期的な目標:スコープ1・2・3のGHG排出量を、2019年を基準として2045年までに90%削減する。

2021年10月に発表されたSBTiネット・ゼロ基準は、科学に基づくネット・ゼロの共通理解を提供し、完全な脱炭素化を求め、世界のあらゆる部門に適用されるものだ。当規格は、消費者、投資家、規制当局に対して、遅くとも2050年までに地球温暖化を1.5℃に抑えるために必要なペースと規模で排出量を削減していることを証明する、強固な認証を企業に提供する。

【関連記事】SBTi、企業のネット・ゼロ目標を評価・認証する規格を発表

【参照ページ】
(原文)FORVIA first automotive company with net-zero target approved by the Science Based Targets Initiative (SBTi)
(日本語訳)FORVIA、SBTiによりネット・ゼロ目標を承認された初の自動車会社

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る