アップル、サプライヤーのクリーンエネルギーへの取り組みを推進

9月12日、アップルは、グローバルサプライチェーンの脱炭素化に向けた取り組みの進展を発表した。2030年までにアップルの製造にクリーンエネルギーの100%使用を約束したサプライヤーは300社に上った。

2015年以来、アップルはグローバルサプライヤーとパートナーシップを結び、クリーンエネルギー移行に取り組んできた。アップルは2020年以降、グローバルな企業活動においてすでにカーボンニュートラルを実現しているが、2030年までに排出量の75%削減を目標に掲げる。

28カ国で事業を展開するサプライヤーは、アップルの「Supplier Clean Energy Program」を通じて、再生可能エネルギー100%での事業運営にコミットする。新たなパートナーには、Skyworks Solutions、Analog Devices、Cirrus Logic、京門GEM、Sappi Limited、LeMur、Schoeller Textil AG、日本ではルネサスエレクトロニクスが含まれる。参加する韓国のサプライヤーは今年30%近く増え、23社となった。

アップルは、サプライヤーがスコープ1とスコープ2の排出量を削減する進捗を毎年追跡している。2022年秋にはサプライヤーに対し、2030年までにアップル製品の生産を脱炭素化するよう呼びかけた。2022年には、Appleのサプライチェーンにおいて13.7ギガワットの再生可能エネルギー電力が導入され、1,740万メートルトンのCO2排出を削減。同社は2015年以降、全体の排出量を45%以上削減している。

【参照ページ】
(原文)Apple advances supplier clean energy commitments
(日本語参考訳)アップル、サプライヤーのクリーンエネルギーへの取り組みを推進

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る