AIGCC、アジアにおけるアセットオーナー・ワーキンググループ発足。ネット・ゼロ活動を推進

10月3日、気候変動に関するアジア投資家グループ(AIGCC)は、アジアの年金、政府系ファンド、保険会社を対象とした新しいアセットオーナー・ワーキンググループを2024年1月に発足すると発表した。

本アセットオーナー・ワーキンググループの発足は、10月3日に東京で開催されたAIGCC円卓会議のなかで発表された。円卓会議は、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、ジェネレーション・インベストメント・マネジメントが共催。ネット・ゼロ経済へのコミットメントを強めるアジアのアセットオーナーを対象としたAIGCC円卓会議は、今回で4回目となる。

本アセットオーナーズ・ワーキンググループは、アジアの政府系ファンド、年金基金、保険会社からのネット・ゼロ・アラインメントへの関心の高まりに応えるもの。アジア全域のアセット・オーナーは、気候変動リスクへのエクスポージャーを削減し、アジアのネット・ゼロ移行における数兆ドル規模の機会に資本を投下する動きを加速させている。

本ワーキンググループを通じて、アセットオーナーは以下3点を行う。

  • ネット・ゼロ投資の様々な側面について、地域や世界の同業者の専門家やベストプラクティスの学習
  • 投資家のポートフォリオをパリ協定の目標に合致させる能力開発
  • 受託者責任を果たすため、気候変動対策に取り組む機運醸成

【参照ページ】
(原文)New Working Group to Accelerate Asset Owners’ Net Zero Work in Asia
(日本語参考訳)AIGCC、アジアにおけるアセットオーナー・ワーキンググループ発足。ネット・ゼロ活動を推進

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る