岸田首相、公的年金7機関のPRI署名を発表

10月3日、岸田文雄首相は、都内で開催された国連責任投資原則(PRI)の年次総会に出席し、国内の公的年金7基金がPRIに署名する方向で調整を進めると発表した。7基金の運用規模は計90兆円にのぼる。ESG重視の投資姿勢を国内外に示す意志を表明した。

7基金は地方公務員共済組合連合会、全国市町村職員共済組合連合会、国家公務員共済組合連合会、公立学校共済組合、国民年金基金連合会、私立学校教職員共済、警察共済組合。

岸田首相は、世界中から集まったPRI署名機関の機関投資家を前に「グリーントランスフォーメーション(GX)」「スタートアップ支援」「人的資本」「運用会社強化」からなる4つの政策を語った。

具体的には、GXでは、気候移行債としての国債発行とアジアGXコンソーシアムの発足を表明。スタートアップ支援では、今後5年間で現在の10倍の10兆円規模にし、特にインパクト投資によるインパクト・スタートアップの支援を目指す。人的資本では、リスキルや子育て支援を強化する。運用会社強化では、日本にある533兆円の年金資産や保険を、意義のある形で投資に回していくとした。

PRIによると、署名機関は最も多い米国が1064で、日本は125にとどまる。アジアでは中国が138まで署名数を伸ばし、2022年に日本を抜いた。岸田首相は「所要の環境整備」を行うことで、政府として公的年金の署名を後押しする意向を示した。

【参照ページ】
PRI in Person2023

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る