EDISONアライアンス、デジタル・デバイド解消に向けて拡大

9月18日、世界経済フォーラムがデジタル・インクルージョンとアクセシビリティを推進するために立ち上げたグローバル・イニシアティブであるEDISONアライアンスは、ホンジュラス、トーゴ、アラブ首長国連邦(UAE)が「Lighthouse Countries Network」が参画したことを発表した。

Lighthouse Countries Networkは、国連開発計画(UNDP)およびルワンダ政府と共同で2022年5月に設立され、アライアンスのプロジェクトをローカル規模で実施するためのグローバルプラットフォームとして機能している。

ホンジュラス、トーゴ、UAEの参画は、既にデジタル・インクルージョンの推進において大きな進展を見せている既存の創設メンバーであるバーレーン、バングラデシュ、ルワンダに続く。既存の3カ国は、スポンサーシップ、デジタル機器の提供、デジタルリテラシーやトレーニングなどの施策を通じて、2025年までにそれぞれの地域で数百万人の生活を改善するために積極的に取り組んでいる。

ルワンダでは、Mastercardとの協力により、零細・中小企業(MSME)向けの技能訓練プログラム、加盟店向けの低コストのデジタル決済ソリューションの開発、動きの速い消費財企業との協力によるマイクロクレジットや在庫貸付の機会など、有望なイニシアティブが生まれた。

世界にはインターネットに接続できない人々がまだ26億人いると推定され、教育、医療、金融などの重要な生活サービスへのアクセスが妨げられている。EDISONアライアンスは、90カ国にまたがる200以上のデジタル・インクルージョン・イニシアチブを通じて10億人の生活にプラスの影響を与えるという試みのもとアクションを推進している。

【参照ページ】
(原文)EDISON Alliance Expands to Close Global Digital Gap
(日本語参考訳)EDISONアライアンス、デジタル・デバイド解消に向けて拡大

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る