三菱UFJ、大阪府のカーボンニュートラル技術開発・実証事業へ5億円寄付

三菱UFJ、大阪府のカーボンニュートラル技術開発・実証事業へ5億円寄付

2月21日、株式会社三菱 UFJ フィナンシャル・グループ(MUFG)は、大阪府が創設するカーボンニュートラル(CN)技術開発・実証等への補助制度に対し、2022 年度に5億円の寄付を行うと発表した。

大阪府は 2050 年のCN実現に向けて、2021-2030年度の10年間の大阪府地球温暖化対策実行計画を策定し、2030年度の府域の GHG 排出量を2013年度比で40%削減することを掲げている。また、2025年開催の大阪・関西万博でも、会場を未来社会の実験場として、日本の革新的な技術を世界に披露・発信する方針であり、大阪発のエネルギービジネスの創出および促進、CNに関する大阪の認知度向上、そして更なるエネルギービジネスの成長の支援を目指して本制度を創設する予定だ。

MUFG は、水素社会の実現を目指す H2Osaka ビジョン推進会議での大阪府との対話を経て、2021年7月に大阪府の燃料電池バス導入促進事業へ寄付を実施するなど、大阪地域での水素サプライチェーンの構築・CN 推進の支援に取り組んできた。2021 年5月には「MUFG カーボンニュートラル宣言」を発表し、脱炭素に向けた取組を加速させるとともに、自社の存在意義を「世界が進むチカラになる。」と定め、全てのステークホルダーが次へ、前へ進むチカラとなること、そのために全力を尽くすことを企業活動の指針としている。MUFG は、本寄付により大阪府が進むチカラとなり、引き続き持続可能な社会の実現に貢献しくと述べている。

【参照ページ】
 大阪府による最先端のカーボンニュートラル技術開発・実証事業への寄付について

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る