野村アセットマネジメント、企業が開示する温室効果ガス吸収量の企業評価への反映を発表

野村アセットマネジメント、企業が開示する温室効果ガス吸収量の企業評価への反映を発表

2月18日、野村アセットマネジメントは企業のESG評価に使用する「ESGスコア」において、GHG排出量を評価する項目にGHGの吸収量を新たに反映すると発表した。国内の資産運用会社がGHGガス吸収量を評価に組み込むのは今回が初めてである。

野村アセットマネジメントのESGスコアでは、環境・社会・ガバナンス・SDGsの観点から約100項目に渡る企業の非財務情報を調査・分析し、ESGを考慮した企業価値の評価を行っている。新たに組み込まれる温室効果ガス吸収量には、①森林やCCUSなど、大気中から直接温室効果ガスを吸収する「除去量」、②自社の技術・製品・取り組みなどにより削減に貢献できた「削減貢献量」、③カーボン・クレジットによる「オフセット量」などが含まれる。

また、野村アセットマネジメントが掲げている「2050年ネットゼロ目標」と「2030年中間目標」を達成するための取り組みにおいても、企業が開示する温室効果ガス吸収量を参考にすることを公表している。

【参照ページ】
 国内初、企業が開示する温室効果ガス吸収量を企業評価に反映

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る