野村アセットマネジメント、企業が開示する温室効果ガス吸収量の企業評価への反映を発表

野村アセットマネジメント、企業が開示する温室効果ガス吸収量の企業評価への反映を発表

2月18日、野村アセットマネジメントは企業のESG評価に使用する「ESGスコア」において、GHG排出量を評価する項目にGHGの吸収量を新たに反映すると発表した。国内の資産運用会社がGHGガス吸収量を評価に組み込むのは今回が初めてである。

野村アセットマネジメントのESGスコアでは、環境・社会・ガバナンス・SDGsの観点から約100項目に渡る企業の非財務情報を調査・分析し、ESGを考慮した企業価値の評価を行っている。新たに組み込まれる温室効果ガス吸収量には、①森林やCCUSなど、大気中から直接温室効果ガスを吸収する「除去量」、②自社の技術・製品・取り組みなどにより削減に貢献できた「削減貢献量」、③カーボン・クレジットによる「オフセット量」などが含まれる。

また、野村アセットマネジメントが掲げている「2050年ネットゼロ目標」と「2030年中間目標」を達成するための取り組みにおいても、企業が開示する温室効果ガス吸収量を参考にすることを公表している。

【参照ページ】
 国内初、企業が開示する温室効果ガス吸収量を企業評価に反映

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る