CitiとStanChart、資金使途とサステナビリティの両基準を適用したインパクト・ローンをアレンジ

CitiとStanChart、資金使途とサステナビリティの両基準を適用したインパクト・ローンをアレンジ

2月21日、持続可能なインフラ投資家であるActisは、最新のエネルギーファンドである Actis Energy 5 向けに、12億ドル(約1,400億円)の「ハイブリッド」インパクトリンク型リボルビングクレジットの確保を発表した。 本クレジットは、投資可能なプロジェクト基準と、ESGパフォーマンス目標達成のインセンティブという、サステナビリティラベル型商品とサステナビリティリンクボンドの両方の側面を含んでいる。

グローバルな金融サービス企業のCitiと国際的な銀行・金融サービス企業のStanChartは、この取引において主幹事と共同サステナビリティ・コーディネーターを務めた。

The Actis Energy 5 fundは、60億ドルのファンドレイズでクローズした。同ファンドの投資戦略は、国連の持続可能な開発目標(UNSDG)7「安価でクリーンなエネルギー」に貢献する持続可能なインフラプロジェクトを対象とする。

この新ファンドは、ファンドが資金を提供できるプロジェクトの適格性基準「ユースオブプロシード形式」と、Actisのインパクトスコア(AIS)手法で評価するマージン調整メカニズム「サステナビリティ連動形式」の両方を初めて組み合わせた。AISは、投資のインパクトを国連社会開発目標(UNSDGs)と整合させるべく、投資のライフサイクルを通じてインパクトの成果を確認する。

【参照ページ】
(原文)Actis secures $1.2bn impact-linked financing for latest energy fund
(日本語訳)CitiとStanChart、資金使途とサステナビリティの両基準でActisに初のインパクト・ローンをアレンジ

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る