CitiとStanChart、資金使途とサステナビリティの両基準を適用したインパクト・ローンをアレンジ

CitiとStanChart、資金使途とサステナビリティの両基準を適用したインパクト・ローンをアレンジ

2月21日、持続可能なインフラ投資家であるActisは、最新のエネルギーファンドである Actis Energy 5 向けに、12億ドル(約1,400億円)の「ハイブリッド」インパクトリンク型リボルビングクレジットの確保を発表した。 本クレジットは、投資可能なプロジェクト基準と、ESGパフォーマンス目標達成のインセンティブという、サステナビリティラベル型商品とサステナビリティリンクボンドの両方の側面を含んでいる。

グローバルな金融サービス企業のCitiと国際的な銀行・金融サービス企業のStanChartは、この取引において主幹事と共同サステナビリティ・コーディネーターを務めた。

The Actis Energy 5 fundは、60億ドルのファンドレイズでクローズした。同ファンドの投資戦略は、国連の持続可能な開発目標(UNSDG)7「安価でクリーンなエネルギー」に貢献する持続可能なインフラプロジェクトを対象とする。

この新ファンドは、ファンドが資金を提供できるプロジェクトの適格性基準「ユースオブプロシード形式」と、Actisのインパクトスコア(AIS)手法で評価するマージン調整メカニズム「サステナビリティ連動形式」の両方を初めて組み合わせた。AISは、投資のインパクトを国連社会開発目標(UNSDGs)と整合させるべく、投資のライフサイクルを通じてインパクトの成果を確認する。

【参照ページ】
(原文)Actis secures $1.2bn impact-linked financing for latest energy fund
(日本語訳)CitiとStanChart、資金使途とサステナビリティの両基準でActisに初のインパクト・ローンをアレンジ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る