CitiとStanChart、資金使途とサステナビリティの両基準を適用したインパクト・ローンをアレンジ

CitiとStanChart、資金使途とサステナビリティの両基準を適用したインパクト・ローンをアレンジ

2月21日、持続可能なインフラ投資家であるActisは、最新のエネルギーファンドである Actis Energy 5 向けに、12億ドル(約1,400億円)の「ハイブリッド」インパクトリンク型リボルビングクレジットの確保を発表した。 本クレジットは、投資可能なプロジェクト基準と、ESGパフォーマンス目標達成のインセンティブという、サステナビリティラベル型商品とサステナビリティリンクボンドの両方の側面を含んでいる。

グローバルな金融サービス企業のCitiと国際的な銀行・金融サービス企業のStanChartは、この取引において主幹事と共同サステナビリティ・コーディネーターを務めた。

The Actis Energy 5 fundは、60億ドルのファンドレイズでクローズした。同ファンドの投資戦略は、国連の持続可能な開発目標(UNSDG)7「安価でクリーンなエネルギー」に貢献する持続可能なインフラプロジェクトを対象とする。

この新ファンドは、ファンドが資金を提供できるプロジェクトの適格性基準「ユースオブプロシード形式」と、Actisのインパクトスコア(AIS)手法で評価するマージン調整メカニズム「サステナビリティ連動形式」の両方を初めて組み合わせた。AISは、投資のインパクトを国連社会開発目標(UNSDGs)と整合させるべく、投資のライフサイクルを通じてインパクトの成果を確認する。

【参照ページ】
(原文)Actis secures $1.2bn impact-linked financing for latest energy fund
(日本語訳)CitiとStanChart、資金使途とサステナビリティの両基準でActisに初のインパクト・ローンをアレンジ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る