TEVA、発行したサステナビリティ・リンク・ボンドに関連するコミットメントを発表

TEVA、発行したサステナビリティ・リンク・ボンドに関連するコミットメントを発表

11月3日、Teva Pharmaceutical Industries Ltd. Teva Pharmaceutical Industries Ltd. (TEVA)は、先日発行した50億ドルのサステナビリティ・リンク・ボンドに関連して、今日の最大の世界的危機である医薬品へのアクセスと気候変動に対処するためのコミットメントを発表した。この社債は、2025年末までに、スコープ1および2の温室効果ガス(GHG)排出量を25%削減し、低・中所得国(LMICs)の患者の必須医薬品へのアクセスを150%向上させることなど、3つの目標と連動している。

TEVAは、社会的目標と環境的目標の両方を債券に結びつけている唯一の製薬会社である。債券のスコープ1およびスコープ2の排出目標に加えて、 スコープ3のGHG排出量を25%削減する2030年目標を発表した。これらの環境目標は、パリ気候協定に沿って、 TEVAのバリューチェーン全体の排出量を削減することを目的としている。

TEVAの斬新なアクセス目標には、LMICsにおけるアクセスプログラムを通じて提供される登録数と製品数の両方を150%増加させることが含まれている。この目標は、世界保健機関(WHO)の必須医薬品モデルリストに掲載されている治療薬を対象としており、 TEVAはその中でも最も効果的で安全かつ費用対効果の高い治療法へのアクセスを推進している。

TEVAのサステナビリティーリンクファイナンスのフレームワークは、2つのセカンドパーティオピニオン(SPO)によって検証された。世界有数の株主向けESGソリューションプロバイダーであるISS ESGは、フレームワークが国際資本市場協会(ICMA)のサステナビリティ・リンク・ボンド原則と一致していることについて肯定的なSPOを提供した。Access to Medicine Foundationは、LMICsにおけるアクセスに焦点を当てた独立した非営利団体であり、 TEVAのアクセス目標の妥当性、堅牢性、社会的利益をカバーする最終的なSPOを提供した。

TEVA は、各目標に対するパフォーマンスを年次ESGプログレスレポートで報告し、外部検証する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Teva Becomes First Pharmaceutical Company to Execute Sustainability-linked Bond Tied to both Climate and Access to Medicine Targets
(日本語訳)TEVA、発行したリンク債に関連したコミットメントを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る