アリババ「Tmall」、エコフレンドリー商品ラベルを試験的に導入

4月7日、アリババグループのB2C電子商取引プラットフォーム「Tmall」は、消費者が購入した商品が環境に与える影響を確認し、持続可能な選択をできるよう、エコフレンドリー商品ラベルの提供を開始した。

4月から電気製品のラベル付けを開始し、順次他のショッピングカテゴリーも追加していく予定である。商品表示ページには、エネルギー効率の高い機器の使用によって、通常の電化製品と比較して節約できる二酸化炭素排出量が表示される。

加盟店は商品をTmallに提出し、審査を受ける。現在までに、Tmallは3,000社の加盟店から申請を受け、30万点以上の省エネ性能の高い家電製品にラベルを付与している。

【参照ページ】
(原文)Alibaba’s Tmall Pilots Carbon Labeling to Drive Sustainable Consumption
(日本語訳)アリババ「Tmall」、エコフレンドリー商品ラベルを試験的に導入

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る