Holcim、EUから建材の脱炭素化プロジェクトに約420億円の補助金を獲得

Holcim、EUから建材の脱炭素化プロジェクトに約424億円の補助金を獲得

1月20日、大手建材メーカーのHolcimは、欧州連合(EU)イノベーションファンドを通じて、脱炭素化プロジェクトのために3億2,800万ユーロ(約424億円)を獲得したことを発表した。

EUイノベーションファンドは、革新的な低炭素技術の実証を目的とした世界最大級の資金提供プログラムである。欧州委員会は昨年末、同基金を通じてクリーンテック関連プロジェクトに30億ユーロ(約4,220億円)を追加投資すると発表した。これは、EU排出権取引制度における排出枠のオークションによる収入の増加により、同基金の最初の2ラウンドである18億ユーロ(約2,533億円)と11億ユーロ(約1,459億円)から大幅に拡大されたものである。

建材メーカーは、その主要製品の炭素集約度から、気候変動との戦いにおいてますます注目されるようになってきている。コンクリートの材料であるセメント生産は、世界の二酸化炭素排出量の約8%を占め、材料1000kgを生産するごとに900kg以上の二酸化炭素が排出される。

Holcimによると、今回の資金調達は、ドイツとポーランドにおける炭素回収利用貯留(CCUS)プロジェクト2件の開発を加速させるために使用される予定である。これらのプロジェクトは、同社のネット・ゼロ・ロードマップの一部であり、世界中で50以上のCCUSプロジェクトの計画が含まれている。同社は最近、回収した炭素をセメント生産に活用することを目的としたいくつかの取り組みを発表しており、エネルギー企業のEniとの提携や、炭素排出を骨材に隔離してコンクリートをカーボンニュートラルにする技術を提供するBlue Planet Systemsへの出資も行っている。

【関連記事】
HolcimとEni、捕集した炭素を再利用したグリーンセメント製造における提携を発表
Holcim、集めた炭素から建材を開発するBlue Planet Systemsに出資

【参照ページ】
EU TO FUND HOLCIM DECARBONIZATION PROJECTS

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る