Lenovo、2050年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロエミッションを達成することを約束

Lenovo、2050年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロ・エミッションを達成することを約束

1月19日、コンピュータメーカーのLenovoは、2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量をネット・ゼロにする目標を発表した。本コミットメントは、Lenovoのバリューチェーン全体をカバーし、Science Based Targets initiative(SBTi)のネット・ゼロスタンダードに合致していることが検証されている。

同社は長期的には、2018-2019年を基準年として、2050年までにスコープ1、2、3のGHG排出量の絶対量を90%削減することを約束している。短期的なSBTi検証済みの2030年排出量削減目標には、2029-2030会計年度までにスコープ1およびスコープ2のGHG排出量の絶対値を50%削減すること、および同じ期間内に販売製品の使用によるスコープ3のGHG排出量を同等製品の平均値で3%削減することをコミットメントしている。

Lenovoはまた、2030年までに、購入した商品とサービスによるスコープ3のGHG排出量を100万米ドルの粗利益あたり66.5%、上流の輸送と流通によるスコープ3のGHG排出量を輸送した製品のトンキロあたり25%削減することを約束すると述べる。

SBTiは、2021年にネット・ゼロスタンダードを立ち上げ、厳しい基準を設けて、企業のネット・ゼロ達成へのコミットメントを評価・認証している。本スタンダードでは通常、ネット・ゼロの目標には、2050年までに90~95%の脱炭素化を目指し、まだ削減できない残余の排出を中和することを求める。

Lenovoは、これまでにネット・ゼロスタンダードに従って目標の検証を受けた139社のうちの1社であり、PCおよびスマートフォン・メーカーとしては初めてである。

【参照ページ】
(原文)Lenovo Commits to Net-Zero Emissions by 2050, Validated by Science Based Targets initiative
(日本語参考訳)Lenovo、2050年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロ・エミッションを達成することを約束

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る