ハイネケン、FLAG含むネットゼロ・スタンダードでSBTi承認

ハイネケン、FLAG含むネットゼロ・スタンダードでSBTi承認

9月18日、ハイネケンは、ネット・ゼロとFLAG(森林・土地・農業)の目標がSBTi(Science Based Targets initiative)により承認され、世界のビールメーカーとして初めてサステナビリティのマイルストーンに到達したと発表した。SBTiの承認は、ハイネケンの脱炭素化に向けた短期的および長期的な野心を確認するものであり、科学的根拠に基づくアプローチに求められる1.5度の道筋に沿ったものである。

FLAGの目標は、ハイネケンの科学的根拠に基づくアプローチをさらに強化するもの。その結果、ハイネケンは2030年のスコープ3削減目標を更新した。

  • ハイネケンのスコープ3農業排出量の30%削減(FLAG)
  • ハイネケンの農業以外のスコープ3排出量の25%削減
  • 作物栽培による森林破壊リスクへの対応

ハイネケンは、直近の目標を更新し、基準年を2018年から2022年に変更した。これは、最近の重要な買収を含む当社の最も正確なフットプリントを反映するためである。

2018年以降、ハイネケンはスコープ1と2の炭素排出量を合計で18%削減した。これを達成するために、再生可能な電力消費を50%以上に増加させ、醸造所向けの再生可能な熱ソリューション熱ソリューションに投資している。農業の目標については、ハイネケンは低炭素農業パイロットプログラムを支援し、サプライヤーと協力して脱炭素化計画に取り組んでいる。

【参照ページ】
(原文)HEINEKEN has its long-term Net-Zero and FLAG targets approved by the Science Based Targets initiative
(日本語参考訳)ハイネケン、長期的なネット・ゼロ目標とFLAG目標が「科学的根拠に基づく目標」イニシアティブに承認される

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る