インド政府、国内で生産された海外輸出用燃料に対する新規課税を発表

7月1日 、インド政府の モディ政権は 、Reliance IndustriesやMangalore Refinery and Petrochemicals Limited(MRPL)などの石油精製業者に国際市場での販売量を減少させるため、インド国内で生産された海外輸出用燃料に対する新規課税を発表した。その結果、インドの石油精製業者は、ガソリンと航空タービン燃料(ATF)の輸出に1リットル当たり6ルピー(約10円)、ディーゼルの輸出に13ルピー(約22円)を支払うことになった。また、国際原油価格高騰の恩恵を受けていたONGCなどの国内原油生産者にも新たな税金を課した。

今年初めに行われた原油の物品税の引き下げにより、政府は1,000億ルピー(約1,700億円)もの歳入を失っていた。専門家は、国内の産油企業への課税が、この金額の回復に役立つと見ている。

大手石油会社以外では、ロシアの石油会社ロスネフチの支援を受けた小規模な石油会社ナヤラ・エナジーが、6,619ものガソリンポンプを所有している。

インドの製油所はロシアから割安な価格で原油を購入していたが、国際市場でのマージンが高いため、インドの小売業者にその利益を還元していなかったとの報告がある。政府が製油所に対して輸出税を課すことで、国内のガソリンとディーゼルの供給量が増加し、国内の燃料の小売価格が下がる可能性がある。

【参照ページ】
(原文)Cess of Rs. 23,250 per tonne imposed on crude; import of crude not to be subject to this cess
(日本語訳)インド政府、国内で生産された海外輸出用燃料に対する新規課税を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る